<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2日目

7:30起床。
だいたい23−24時に寝てるんだけど。

今日の朝食は、素敵な受付の姉さんのいるお陰か手作りクレープ(4種類も!)が出たりして豪華。
d0161006_6141150.jpg


街もキレイで人は親切だし本当に落ち着く。
小さな街なので中心部の方向感覚は掴めてきたし、チャリが早く欲しい。
京都感覚で住めそうです。

結局借り方が分からなかった貸し自転車。

d0161006_6222487.jpg


そして愛するギニョール。
ギニョールとはリヨン名物の人形劇です。
芝居の内容は、子供向けにも関わらず世相を斬る内容でちょっとグロテスクなのも魅力。
d0161006_6273121.jpg

芝居小屋もたくさんあって、こんなにうじゃうじゃギニョールがいる光景を見れるなんて夢の様。
横浜の人形の家にギニョールがやってきた時もわざわざ見に行って、雑な展示のされ方に
心を痛めたりした私。

私はギニョールが大好きです。(フランス語の例文みたい)

言葉がもう少し理解出来るようになったら、通いつめるから待っていてね。

明日から入居。
呑気な観光は今日で終わりなので、ブション(リヨンのカジュアルなフレンチ屋さん)で肉を食べる。(フランスに来てちゃんとした物を食べれない日が続くからか疲れからか、やたらと肉が食べたくなるんです。)

お世話になったユース。
受付の姉さん本当に素敵やったなあ。
d0161006_6392988.jpg


さいごに
d0161006_6564119.jpg

この青ひげのおっさんはどんな役柄なんだろう。。
[PR]
by ucchi_h | 2010-04-30 06:09 | 語学学校@Lyon

1日目その2

教会のつづき
d0161006_5473076.jpg

本当にこんな空間で祈りを捧げたら気持ち良さそうだし、異世界を信じてしまうな、と思う。
現代でもこんなにぞくぞくする空間作りって本当に難しいと思うのにこれが大昔に作られたトラディショナルだとは。
そして、だから、私たちはこんなゾクゾクを与えられる空間作りを現代でこれからもやっていくんだなあ。早くここで照明や空間作りを学びたいと思った。
そして自分の作品と言えるものをここでもひとつひとつ増やして行きたい。

この2日後から気温が下がって寒くなるんだけど、このところは夏日でもう夏かってほど。
d0161006_60983.jpg


繁華街まで行って帰る。
食うや食わずでさすがに肉が食べたくなり、ユースで自炊。
絶景の中美味しくいただいた。
d0161006_683773.jpg

[PR]
by ucchi_h | 2010-04-29 05:45 | 出発〜到着

1日目

リヨンのユース(おそらくここ一軒)はとても快適。
受付の人も感じが良く、汗だくで上がって来たのでまずそこにある水をのんで手続きをしなよ、と
言ってくれる。
(4年前パリのユースに泊まった時は初めてづくしで、盗難など全般にびくびくしていたが、今回はユースを堪能できたと思う。)
共同のテラスからの眺めは最高です。
d0161006_5193100.jpg


まずはシャワーを浴びて、PCのデータバックアップをし、街へくりだす。
まだ12時前。

適当に歩いていたらSt-Jean教会へ。
ここはリヨンで一番大きな教会。
d0161006_5233029.jpg


ステンドグラスの「効果」が存分に発揮されていてすごく感動する。
d0161006_5254052.jpg


日本でも最近古い建築の壁面に映像を映し出す演出が見られるが、このステンドグラスってその起源だなあと思う。本当に美しい。
[PR]
by ucchi_h | 2010-04-29 05:08 | 出発〜到着

サバイバル その2

上海を出発。
そういえば、中国東方航空は映画が見れないのだね。
安いし仕方ないか。
キレイなスッチーにみとれつつ、睡眠不足を解消しつつあっという間にシャルルドゴール空港へ。
いつもヨーロッパへはあっという間だと感じる。
朝の6:30頃着。

さあて。
これからリヨンまで国鉄のSNCFで行かないといけない。
チケットの予約をしていなかったので切符を買う所から。
うろうろしながらチケット売り場を発見。
83ユーロでちょっと高め。
分かってはいたが、乗り場の表示なんかが全然分からないので電子辞書に頼りながら乗り込む。

車内は満員だがものすごーーく静かで驚く。
写真も撮れやしない雰囲気で、「フランスの田舎の車窓から」がお届けできないのが残念です。
シャルルドゴールから2時間くらいなんですが、荷物置き場がいっぱいで置けなかったので
荷物と一緒に電車の連結部分(広い)にいたら、モロッコ系(?)の夫婦が。
私は8号車で、彼らは7号車だったのだけど、「8号車(の連結部分)に乗ってしまったので、7号車の自分の席まで行けない」みたいな事を言っている。
7号車の方から人が来るので、「そんなはずはずはないから行ってみれば、、」と言ったが
おじさんは無理だと言う。
結局途中の停車駅で降りてビクビクしながら7号車へ行きました。
慣れてない人もいるのね、と安心。

リヨンに到着。
初めの2日はユースホステルに泊まります。
親切な駅員に道を尋ね、人にも尋ね、やっと地図通りの出口へ。

テラスからリヨンの街が見渡せているユースの写真でなんとなく予感はしていたが、
案の定山の上!
大きなスーツケースを押しながら、かなりの傾斜の丘を上がる。
d0161006_4471366.jpg


2−3回休みながら登る。
後ろから来た老夫婦も座って休憩しつつ登っている。

でもこの絶景。
d0161006_4544238.jpg


本当にリヨンに来て良かったと思った。
とても落ちつく街っぽい。
[PR]
by ucchi_h | 2010-04-29 04:09 | 出発〜到着

サバイバルの始まり

かなりの余裕を持って関空に到着。(関空は久しぶり!)
買い忘れてた折りたたみ傘等を購入し、T/Cも買い、いざ出発ゲートへ。
機内預けの荷物を預けようとすると、

「荷物は“総重量”20Kgまでです。」
「、、、、!!」

そう、スーツケース“1個”が20Kgまでと勘違いしていたのです。
勝手に2個までOKと思い込んでいたし、、アホな、、。

小さめのスーツケースを仕方なくEMSで送る事にし(ああ出費><)
結局ギリギリに搭乗ゲートへ無事乗り込みました。

一昨年エジンバラ演劇祭から帰国する時も、出発する時もいつもギリギリだった私、、を
思い出し反省する事しきり。

ひとまず乗り継ぎ先の上海へ。
初の上海空港。
「刺さりそう」なものがいっぱいです。
ここで23時55分のフライトまで5時間待つ事に。不眠でぼーっとしていたのもあって
結構あっという間に時が過ぎる。

さすがに上海を出るときはアジアとしばらくお別れだと思ってドキドキした。
d0161006_462066.jpg

[PR]
by ucchi_h | 2010-04-29 03:49 | 出発〜到着

行ってきます

いよいよ出発の日。
前日は家族でお寿司を食べて、荷物を減らしたりして(中国東方航空は総重量20Kgまで。これがのちにトラブルを招くことに、、。)
ばたばたと不眠のままフランスへ出発することに。
おじいちゃんとお別れをして、家族に見送られバス停へ。

関西への旅で味をしめた「カブトガニ号」というバスで難波まで向かいます。
実家から福山まで出て(車で50分)、新幹線乗って、新大阪乗り換えで難波まで行くよりは、
カブトガニ号なら家の近くのバス停から3−4時間で一発で行けるので、スーツケース2個を持った私にとっては絶対楽!というわけで。

これからフランスに旅立つというのに「カブトガニ号」なんて我ながらふざけてるなあと思いながらも、うとうとしながらあっという間に到着。

関空へ。

地元の景色ともしばらくお別れ:ほんとに絶景な土地。半年間ありがとう。
d0161006_3471113.jpg

[PR]
by ucchi_h | 2010-04-28 03:12 | 出発〜到着

ごあいさつ

おまたせしました!
やっとネット環境が整い、ここフランスでの生活を届けられます。

日本との時差約8時間のフランスですが、自分の生活は日本にいる時から繋がっています。

大切な時間を、笑顔を忘れず思い切り使って、
フランスでのあんなこと/こんなこと...お届けしたいと思います。

これからどうぞ宜しくお願いします!


2010.5.吉日
[PR]
by ucchi_h | 2010-04-27 03:09 | はじめに

迎賓館

実家に戻ってからハウスウエディングの結婚式場でバイトしてました。

基本結婚式のある週末だけで、実質たくさん入りだしたのは最後の2ヶ月くらいだけど、どんどん楽しくなって、結局出発の4日前までパーティーに入りました。

6時間以上の立ち仕事の経験のない私は、初めの頃は足が痛すぎて本当に泣くかと思う程辛くて、こんな思いまでしなきゃフランスに行けないのかと悲しくなったりもしたけど、コツも覚えて皆と仲良くなってくると、達成感があって楽しくなった。
キツいのに急げと言われたり、アホみたいに怒られたり、インカムで人が怒られる様子を聞かされたりするけど、怒られるのもしまいには面白くなってくる始末。
まだまだ新人だったけど、ギャルソンとしてポタージュ3枚持ちしたりと、とてもいい経験でした。これでいいかなーなんてパンを配るときバターをその都度置かず、全卓行った後配ろうとすると、バレバレで注意されたりもしたなあ。。
大学生の子の素直さに感激したり。
ダブルの日は朝6:20分の電車で行って13−4時間働いて終電(井原線は早いのでちょっと早めに帰っていたが)で帰るx2日というハードさにも、慣れればできるようになってる自分が嬉しかった。(次の日に備え、夜は分刻みで風呂に入り、湿布を張って寝た。)
1日のうち休憩は5分。。
10分もらえるとラッキーと喜ぶ。(その間にお弁当をかきこみます。)
5分だと満足に食べれず笑顔も元気も出ません。(笑顔がないよと怒られる)
7−8分あればご飯は食べれるのだと分かったり。
とにかく走り回って、連帯感生まれます。
演出や段取りなどは舞台の感覚と似てるので、そういうのも楽しかったです。
(一斉にカーテンオープンなど)

感動のBDプレゼント
d0161006_5352377.jpg

お米の栽培セット。てゆーか米って育てられるんや!
d0161006_5445832.jpg

本当にお世話になったバイトリーダーの、私のフランス行きを知った上でのセレクトに
まじで嬉しくなる。
最初はキツいしあまり動きの良くなかった私にも、あまりに限界になったら楽な床ピンポイント(床を拭く)をさせてくれたり、口よりも行動で示す姿勢に感動しました。
笑顔は大事ですね。
「戻ってきて下さい」と言われる事のありがたさをかみしめ、頑張ってというエールに気を引き締めつつ。福山でこんな素敵なバイトが出来るとは思ってもみなかったので、嬉しさ倍増です。
忘れていた謙虚さや大事な事を思い出させてくれました。
米、フランスで収穫できますように。。

更衣室でのオフショット
d0161006_5501824.jpg

[PR]
by ucchi_h | 2010-04-24 05:21 | 出発前ー福山

京都

なつかしの京都に到着。
d0161006_259254.jpg


大学時代四条に住んでいた頃しょっちゅう通っていた高島屋でメイクをしてもらい、女磨きもせなばなあと思う。
昼にkubokenと会って京都寺巡りをしつつ久々の話をし、ピザを食べて別れる。

ていうか、我ながらいつも関西では分刻みのスケジュール。。
こーいうつい予定を詰め込みすぎるところが自分らしいなあと思ってしまう。
関西で一人暮らしの友達がかなり減って泊まる所がないのも原因なんだけれど。。

ナンシーと久々の再会し「新風館」へ。
今は結婚して一児の母!!
d0161006_2343150.jpg

あんなに酔ってやんちゃしてたのにー。
変わってなくて可愛くってホッとした。ほんとにフレンドリーな雰囲気でこっちも笑顔になってしまうところはすごいなーと思う。近くに住んでたら呑み行けるのになーーー。
帰ったらバンドしようね!
これまた懐かしの「second house」にて。アーモンドオレとともに。
d0161006_2352223.jpg

ほんとに素の自分が出せるってなんて気持ちいいのかーと思う。
素直に好きな物に囲まれて暮らす幸せって失ってはいけないんだなと思った。

その後、マローネで髪を切ってもらう。
urasakiさんに会うのは大阪で切ってもらってた時以来5年ぶりなんだけど、アクティブで前向きなオーラは変わってなくてものすごく元気を貰う。
次の約束までの僅かな時間しかなかったんだけど、今までの生活の事や留学前にあたって濃い会話ができて本当に感謝。
仕事をする上でも、毎日食べるものや着るものはいいものを入れて巡りを良くする事で、いい出会いやオーラが生まれると。
そうして「悪い事も良い事に変えていく」って発想を、貯金や節約に必死だった東京生活のなかで忘れていた事に気づく。
思えば全くの文系から照明や内装業界に何の迷いもなく飛び込めたのはこの精神があったからだろう。あの頃の「気合い」を思い出す。毎日、日常が大事ですね。
イタリアで会えるのが楽しみです。

急ぎで仕事の終わったnacchiに会いに新大阪へ。
バリバリ働いてる感じでうれしくなる。
良い仕事見つかって良かったね。
英語もフランス語も「めっちゃがんばったら喋れるようになるんやろ」。その通りだろうね。
頑張りマス。新大阪で蕎麦を食べて帰る。

帰りの新幹線で迎賓館のプランナーさんらと偶然会う。
バイトもあと少しだなあ。。
[PR]
by ucchi_h | 2010-04-13 02:22 | 出発前ー関西日記

関西1/2日目

みんなに会いに懐かしの関西へ☆
カブトガニ号(バス)です。

嗚呼懐かしの淀屋橋。いっぱい遊んだ京都もホッとするけど、
仕事で色々あった大阪が妙に懐かしかった。働いてたなー。
帰国したら大阪かなーと思いつつ。
d0161006_1551469.jpg

もうしばらく行けないと思い、奮発して、神戸でセルライト取りのマッサージに。

misaと奈良の興福寺へ。
久々に元気そうで良かったー☆
つのる話をして、阿修羅像を拝む。
少年らしく意外と小さかったがかなりカッコいい&美しいプロポーションに2人してビリビリくる。
d0161006_1595158.jpg

記念撮影的な☆
ほんとしみじみと大学時代を思い出したりして感慨深かった。また会う日まで!
misaにもらった奈良の鹿
d0161006_3112274.jpg


夜はakagumi舞台などでお世話になり友達になった照明家oiちゃんとご飯。
舞台照明の先輩としてすごく勇気づけられる言葉をもらってめっちゃ嬉しかった。
言葉も大事だけど笑顔とフレンドリーさがもっと大事と。
日本では「バゲット丸かじりできる照明屋さん」のスタンスをめざします。
あたしはすぐに焦りがちなので、
色んな事を抱えても強く笑って生きていかねばなあと思う。
厳しい業界だけど、人としても良くありたいと言うoiちゃんに共感し、素晴らしいと思った。

oiちゃんよりの餞別
d0161006_292854.jpg


夜はsiraishiさんちに泊まる。
大阪で働いてた頃同じ職場だったんだけど、関西に行った際は何度かお世話になっていて
妹とも久々に会う。
兄弟で住んでるしなんか実家に行ったようなほっこり感が良いです。
イギリス留学してた妹とも話して、仕事の話などもし、お互い今の職業や立場は出会った頃と変わってるけど、こうして「照明」に関わる仕事を志す同士って感じがして、頑張らんとなーと思う。
d0161006_2205171.jpg

d0161006_2213861.jpg

[PR]
by ucchi_h | 2010-04-11 01:47 | 出発前ー関西日記


いよいよパリへ。今はフランス語を中心に、徐々に照明の勉強にシフトしていきます。どんな光に出会えるかな。


by ucchi_h

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

以前の記事

2011年 07月
2011年 06月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月

カテゴリ

全体
lumière
Paris
Avignon
語学学校@Lyon
出発〜到着
出発前ー福山
出発前ー関西日記
出発前ー東京日記
はじめに
未分類

*リンク*

□とっちゃん
イタリアからの食日記!
http://tothuko.exblog.jp/

□Suisoさん
コンテンポラリーダンサー
水素さんのHP
http://suisoogawa.jimdo.com/
ブログ
http://blog.goo.ne.jp/suisoo
gawa

□Yoko Nagai
シンガーソングライター
Yokoのブログ
http://blog.livedoor.jp/m-62_01183/



最新の記事

HUSSEIN
at 2011-07-21 03:03
プレゼン
at 2011-06-17 07:54
専門用語
at 2011-06-15 08:30
なんとか生還
at 2011-06-09 07:57
はつしごと
at 2010-11-05 09:13

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧